母が他界しました

つい先日、母が他界しました。

入退院を何度か繰り返し、必死に生きてきた母ですが
闘病生活10ヶ月の末、ついに力尽きてしまいました。


私の同人活動を
積極的には賛成していないものの、
コミケの度に車で駅まで送り迎えしてくれました。

何日も睡眠時間を削って修羅場っていると
黙って食べ物を持ってきてくれたり。
いいかげん寝なさいって怒ってくれたり。


あらためて振り返ってみると、
私という生き物は
母なしでは語れないものになっていました。


ずっと泣いてばかりいましたが、
せっかく母が支えてくれて、ここまで生かされた私です。
投げ出さず、全うしようと心に誓いました。

(母は内心やめて欲しかったのかもしれませんが;;)



冬コミは申し込み済み、その後の予定もたくさんあります。


どこを切っても腐女子な私は
突っ走ってナンボです。

まだまだ処理しなければいけないことが山積みで
なかなかwebコミックやTOP絵の更新が出来ずにいますが、
少しずつでも進めていこうと思っていますので、
気長にお付き合い頂けると幸いです。




それにしても。

儀式になり、事務処理になり、数字になり。

母の死がどんどん処理されていくと
落ち着きを取り戻す反面、
どうしようもない寂しさがこみあげます。

平気でいられるようになる時が
いつか来るのかなぁ…

コメント

非公開コメント

プロフィール

橘 史生

Author:橘 史生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード