明日の鉄血最終回放送前にふと思ったこと

2015年の10月、
「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」
第1期の第1話を見ていてつぶやいたこと。


「ああ、今回の主人公はジオン側かぁ」


明日の最終回上映会に何着ていこうか考えつつ、
ふと思い出しました。

そう、明日の最終回上映会に行ってしまうほど
絶賛ハマり中な「鉄血」。

ここのところ、見ているだけでつらくなる展開が続いて、
毎回息をつめながら見ているのですが。

…まあ、ガンダムは宇宙世紀以外はあんまり見ていなかったので、
こんな入り方をしたのですが…;;;

普通に見ていると、この話が「ガンダム」であることを
ついつい忘れてしまうほどのアナザーガンダムっぷりなのですが、
話の展開や状況、設定など、そこかしこに「ガンダム」が見えてきて、

ああ、ガンダムだなあ…

と、たまにすごく実感させられるのです。

そう、宇宙世紀のガンダムと照らし合わせると、
鉄華団とかコロニーとかはジオン側、
ギャラルホルンは連邦側、ってことになるのです。

まあ、ジオン公国とかザビ家とかの特殊な組織は存在しないので、
ほんとに大雑把に見ると、なのですが。

連邦側の方が戦力はジオンより数倍上で、上層部は汚い大人ばっかで、組織として腐りきっていて。
スペースノイドは差別されるし、コロニーや月には自治権がない、等々。

…ということは、今現在の「鉄血」は、
ソロモンもア・バオア・クーも落ちて、ジオン本国に攻め込まれてるところかな?

そう考えると、今の状況も
ああ、ガンダムだなあ…と…


…でも、主人公側が全滅ENDは絶対ダメですよ!!
せめて希望の持てるラストであってほしいです。
(まだシノが生きてるかも、とか少しだけ思ってるし…;;;)

どうかみんな、なるべくメンバー欠けることなく、
幸せになれますように!!!!


(…すいません、もう少ししたら「おお振り」に戻ってきますので…;;;;)
プロフィール

橘 史生

Author:橘 史生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード